脱毛 ワキガ

MENU

脱毛するとワキガは治るの?

ワキガ脱毛

脱毛によってワキガが治るというウワサを耳にしたことはありますか?

 

もしこれが本当なら、手術をするのは怖いけどワキの臭いに悩んでいる、という方にとっては朗報ですよね。

 

では本当に脱毛でワキガが治るのでしょうか?

 

どうしてワキガになるの?

ワキガ脱毛

まずはワキガのしくみからご説明します。
実はワキ汗には2種類あります。

 

1つはエクリン汗腺から分泌される汗
もう1つはアポクリン汗腺から分泌される汗
これらの汗腺から分泌される汗にはそれぞれの特徴があります。

 

エクリン汗腺から分泌される汗の成分は99%が水でできています。残りの1%は、塩分・尿素・アンモニア・ミネラルなどです。

 

この汗は、体温調節や皮膚の乾燥防止など生命の維持に欠かせない重要な役割を果たしています。また、エクリン汗腺から分泌される汗は無色透明で粘り気はありません。

 

基本的にはこの汗は臭いを発しません。しかし長時間放置することによって汗が酸化したり、細菌と混ざったりすることにより臭いを発することがあります。
とはいっても、きつい臭いではないので汗を拭いてしまえば気にならなくなるでしょう。

 

アポクリン汗腺から分泌される汗は、脂肪・タンパク質・糖質・鉄分・色素・尿素・アンモニアなどをたくさん含んでいます。
エクリン汗腺から分泌される汗と違い乳白色で粘り気があり、さまざまな物質を含んでいるので、細菌などによって分解された時に独特な臭いが発生します。
このアポクリン汗腺から分泌される汗こそがワキガの原因なのです。

 

本当に脱毛でワキガは治るの?

ワキガ脱毛

結論からいうと、脱毛でワキガを完全に治すことはできません。
なぜなら、先ほども述べたようにワキガはアポクリン汗腺から発生している汗によって起こる症状だからです。

 

実は、脱毛によってワキガを治すことはできませんが、ワキガのニオイを軽減させることは可能なのです。

 

ワキの毛が伸びていると、ワキガのあの独特のニオイはさらに強くなります。ワキの毛が長かったり多かったりすると、ワキ自体が蒸れて湿度が上がってしまいます。

 

そうするとワキガの原因である細菌が発生しやすくなり、よりきつくニオイを発してしまうのです。つまりしっかりとワキの脱毛をしていれば、臭いにくいということなんです。

 

ただし家で脱毛するだけではほとんど効果はありません。自宅でおこなうことで脱毛方法を間違い、ワキの皮膚を傷つけてしまい余計に細菌を増やしてしまうこともあるのです。

 

またワキガの原因である細菌は、毛穴や毛の根元部分に多く繁殖する傾向があり、自宅で脱毛をするだけではこれらの細菌を取り除くのは難しいとされています。

 

さいごに

自宅でワキの毛を処理しているだけでは、ワキガの改善はできません。
エステや医療機関でのフラッシュ脱毛をおこなうことにより、毛穴や毛の根元部分の細菌の繁殖をおさえることができます。

 

さらにアポクリン汗腺自体も破壊することができるので、嫌なニオイを発生させるベタベタ汗が減り、あの嫌なニオイを軽減することができるのです。

 

 

参考記事