脇 黒ずみ 取る方法

MENU

【タイプ別】脇の黒ずみを取る方法

脇の黒ずみ

ワキの黒ずみが気になって、薄着になれない!腕をあげるのが怖い!
そんな悩みをお持ちの方のためにワキの黒ずみを解消する方法をご紹介します。

 

なぜワキは黒ずんでしまうの?

なぜワキの黒ずみは起こってしまうのでしょうか?

 

ワキの黒ずみは基本的にはメラニン色素の沈着が原因です。

 

このメラニン色素の沈着は、メラノサイトという細胞がさまざまな刺激からお肌を守ろうとして起こります。
ワキは皮膚が薄いので守ろうとする力が強く、他の部位よりも黒ずみやすくなってしまいます。

 

黒ずみには2種類のタイプがあります。原因もそれぞれ違います。まずはそれぞれの原因を理解して、自分にあった対策をしていきましょう。

ブツブツタイプの黒ずみの原因

このタイプの場合は、ほとんどが毛抜きによるムダ毛処理が原因です。ワキは皮膚が薄い上に、毛も深く強くできています。
それを毛抜きで抜いてしまうと、お肌が炎症を起こし黒ずみます。さらに抜いた後の毛穴に、皮脂汚れや消臭スプレーなどが詰まってしまいブツブツの原因になるのです。

くすんでしまうタイプの黒ずみの原因

カミソリやシェーバーなどでの剃毛による刺激によって、お肌に傷がつき炎症を起こしてしまいます。その炎症が、色素沈着をおこし黒ずみの原因となるのです。
またワキの乾燥も原因となります。一見、汗や皮脂などでベタベタしているように見えますが、実は中が乾燥しているインナードライの方は、お肌を守ろうとして皮膚が分厚くなります。
それがくすみの原因になります。

 

ワキの黒ずみを解消させるために

脇の黒ずみ

ワキの黒ずみはケアを始めたからと言ってすぐに解消されるわけではありません。顔のスキンケアと同じように毎日続けることが大切です。

 

基本的には毎日、しっかりと皮脂や汚れを洗い流し、顔のケアと同じように化粧水や保湿クリームなどでケアをします。

 

汚れを洗い流すのは大切ですが、ゴシゴシとこすらないで優しく洗うようにしてくださいね。汚れが気になるからと言ってゴシゴシこすると、余計な刺激を与えてしまい、逆に黒ずみの原因となってしまいます。

 

ではそれぞれのタイプに合った、ワキの黒ずみ対策をいくつかご紹介しておきます。

ブツブツタイプの黒ずみ対策

豆乳ローションを塗る

豆乳に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンに働きかけ、毛が生えにくくなり処理をする回数が減ります。

 

その結果、除毛による肌への負担が少なくなります。また、大豆イソフラボンには肌の引き締め効果もあり、皮脂汚れを詰まりにくくしてくれるので、汚れによる黒ずみが解消されます。

 

⇒脇の黒ずみに豆乳ローション|詳しくはこちら

 

食用の重曹を塗る

重曹には汚れを落とす効果があり、毛穴汚れや古くなった角質を浮き上がらせてくれます。ケアの仕方は、水で溶かしてペースト状にしたものを塗り込み、数分放置します。

 

その後ぬるま湯で丁寧にすすぎます。また、市販のボディソープや石けんに少し混ぜて、黒ずみが気になる部分を重点的に洗うのも効果があります。

 

⇒脇の黒ずみに重曹|詳しくはこちら

 

くすみタイプの黒ずみ対策

保湿と美白対策をする

顔と同じようにスキンケアを行います。スキンケア商品は顔に使っているもので構いませんが、使用されている成分が重要です。

 

メラニンの活性化を抑える米ぬかエキスや美白効果のあるビタミンC誘導体、また保湿効果のあるセラミド、コラーゲンなどが使用されている商品を選ぶようにしてくださいね。

 

⇒脇の黒ずみの原因から正しく専用クリームを選ぶ

 

生活習慣を整える

生活習慣が乱れるとホルモンバランスが崩れてしまいます。そうするとお肌のターンオーバーが正しくおこなわれなくなってしまい、色素沈着による黒ずみが起きてしまいます。

 

食生活や睡眠時間など、できるだけ規則正しい生活を心掛けてください。

 

まとめ

脇の黒ずみ取る方法

このようにワキの黒ずみにはさまざまな原因と対策があります。
自分のタイプをしっかりと把握して、自分にあったケアをおこなってくださいね。

 

脇の黒ずみ参考記事