産後 脇 黒ずみ

MENU

産後の脇の黒ずみを解消するには?

産後脇の黒ずみ消す

産後に脇の黒ずみができてしまう理由は、ホルモンバランスの崩れが原因です。
胎盤から分泌されるホルモンが皮膚を強くするためにメラニンを分泌を促進させてしまうのです。

 

またホルモンバランスの乱れから肌の代謝が遅れてメラニンが蓄積してしまい黒ずみが出来ます。

 

放っておけば治る?

ホルモンバランスが正常に戻り、肌の代謝により徐々にキレイになっていくことが多いようです。半年くらいで消えたという人が多いのでそこまで心配する必要はないかと思います。

 

脇や乳首などの黒ずみは、妊娠中から産後に起きる当然の変化で、何も不思議なことなありません。

 

妊娠中・産後の脇の黒ずみの原因

産後脇の黒ずみ消す

これは、妊娠によるホルモンの変化が原因で、妊娠20週くらいからエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンが分泌され急激に増えます。

 

これらのホルモンはメラニン色素を刺激し、肌内部にメラニン色素が増えるということです。

 

このメラニン色素により、色素沈着をおこりやすくなり、黒ずみやシミ、そばかすとなって肌表面に現れるのです。
この理由は、肌を強くするためのものなので、赤ちゃんのためということです。

 

半年も待てない!すぐにでも治したいなら

すぐにでも脇の黒ずみを解消したいなら、保湿ケアと肌代謝を上げるケアを行うと早く治すことができます。

 

もともと脇の黒ずみがあり、さらに濃くなったという人は放っておいて解消するということはあまりないのでこれから紹介するケアをするようにしましょう。

 

>>脇の黒ずみを消す※保湿ケアと肌の代謝について※<<

 

脇の黒ずみ参考記事